近年聞くことが多くなってきた「グルテンフリー」という言葉ですが、具体的にはどのような意味でしょうか?

グルテンフリーとは

グルテンとは小麦に含まれるたんぱく質で、グルテンフリーとは、「グルテンを除去した」という意味になります。グルテンフリーの食事は、もともとは小麦アレルギーやセリアック病など、グルテンが体質的に受け付けられない人Related imageのための食事療法でしたが、欧米のセレブリティの間で「原因不明の体調不良」への対処法としても人気を呼び、広まったものです。

現在は飲食店のメニューやスーパーで販売される食品でも、グルテンフリーを特徴とするものが多く見られます。

セリアック病とは

日本ではあまり馴染みのない病名ですが、小麦アレルギーの一種で、グルテンにより腸に炎症が起こってしまうというものです。消化不良や腹痛、吐き気などを引き起こします。パンやパスタなど小麦粉食品の摂取量が多い欧米で、特に患者が多い病気と言われています。この病気が発見されたのは紀元前にもさかのぼり、歴史は古いのですが、20世紀になるまで原因は不明のままでした。

グルテンフリーの食事とは

グルテンフリーは、小麦たんぱく質のみを除去するもので、米やその他の炭水化物などは通常通りに摂取します。糖質制限とは異なる食事制限です。単純にパンや麺類、クリームソース、ケーキなどの小麦粉食品を避けた食生活にするか、またはグルテンフリーのパンや麺類などの代替食品に切り替えるという対策があります。グルテンフリーの食品は小麦ではなく、米粉や豆類の粉を使って製造されているものが多いようです。