オートミールは栄養価が高く、数々のメリットがあるのは別記事で説明した通りですが、そのまま食べると味気なく思えるかもしれません。ここでは、美味しく、しかも健康に良いオートミールの食べ方を紹介します。

基本の食べ方

オートミールは乾燥した状態で販売されています。基本の食べ方としては、器にオートミールを入れ、熱湯やホットミルクを注いでかき混ぜるだけ。水や冷たい牛乳を入れて電子レンジで温めても大丈夫Related imageです。水分とオートミールの量は4:1が理想とされているようですが、個人の柔らかさの好みによって増減しても構いません。欧米ではここに蜂蜜や砂糖などを入れて食べるのが主流です。

果物やナッツを入れて食べる

柔らかすぎる食感がいまいち、という人には、カットフルーツやナッツを入れるのをおすすめします。果物からはビタミン、ナッツからは良質な脂肪を摂取できて一石二鳥です。イチゴやラズベリーなどのベリー系、バナナなどが特によく合います。ドライフルーツを入れてもいいでしょう。

お粥や雑炊のようにして食べる

欧米では甘い味付けが主流ですが、しょっぱい味付けの方が、お粥や雑炊に慣れている日本人には親しみやすいかもしれません。お粥のように梅干しやおかか、ゆかりなどをかけてもいいですし、お茶漬けの素を混ぜても美味しく食べられます。

また、鍋で水、卵、ネギと煮込んで塩で味付けし、雑炊のようにしても美味しいです。さらに、水ではなくミルクで煮立て、塩コショウやチーズで味を調えると、リゾットのようになります。マッシュルームや鶏肉、シーフードなどを入れれば立派な一品に。