Image result for オートミールはスーパーフード小麦のお粥のようなオートミールは、欧米では典型的な朝食メニューのひとつ。このオートミール、実は栄養が豊富なスーパーフードとして新たに注目を集めています。

オートミールの栄養

オートミールは、オーツ麦を細かく加工したもので、牛乳や水でふやかして食べます。白い小麦粉と違い精製されていないため、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれます。精製するとこれらの栄養素はかなりの割合で減少してしまうのですが、オートミールは栄養素をそのままたっぷりと摂取できるのです。

また、穀物は精製されると、食後の血糖値が上昇度(GI値)も高くなりますが、オートミールは低GI値なので、血糖値の急激な上下による体調不良も起きにくい食品です。

オートミールの効能

オートミールは不溶性の食物繊維を白米の20倍以上多く含んでいるとされます。不溶性食物繊維は消化を助け、腸で分解されるとビフィズス菌を増やすはたらきもし、腸内環境を整えるのに役立ちます。整腸作用により、ダイエットや美肌にも効果が期待できます。

また、β(ベータ)-グルカンという水溶性食物繊維も含まれています。糖質の吸収を抑える効果があり、血糖値の上昇を抑制し、コレステロールを下げるはたらきがあります。アメリカでは冠状動脈心疾患のリスクを下げる効果が化学的に認められています。糖質制限を行っている人でも、摂取しやすい炭水化物だと言えます。

このようにオートミールには数々のメリットがあり、スーパーフードと呼ばれているのも頷けます。新たな朝食や間食の選択肢として、取り入れてみてはいかがでしょうか。