朝の一杯や、仕事中のリフレッシュに欠かせないコーヒー。現代では、オーガニックのコーヒーも数多くの種類が売られるようになりました。ここでは、オーガニックコーヒーの概要とそのメリットをお伝えします。

Related imageオーガニックコーヒーの基準

「オーガニック」とは、「有機農法の」という意味で、化学肥料や殺虫剤などの化学物質を使わない環境で、腐植物や動物の糞など、自然のものを用いて栽培する農法のことを指します。オーガニックコーヒーもそうした有機農法で栽培されたコーヒー豆を使用しています。有機農法は化学物質を使う農法よりも手間やコストがかかるため、オーガニックコーヒーは通常のコーヒーより高価格であることが多いです。

オーガニックコーヒーを認定する機関は各国に存在し、認定基準に照らし合わせてチェックを行っています。化学物質を過去3年間使用していない土地で栽培したものであること、加工段階でも添加物などを使用しないことなどが基準となっています(基準は機関によって異なります)。

オーガニックコーヒーの効能

オーガニックコーヒーのメリットとして、不要な化学物質を摂取しないでいられること、またポリフェノールが多いことが挙げられます。ポリフェノールはコーヒー特有の苦みや色を出している成分です。強力な抗酸化作用があり、活性酸素などの人体に有害な物質を無害化するとされています。ポリフェノールは何千種類も存在し、コーヒーに含まれるポリフェノールはクロロゲン酸といいます。クロロゲン酸は脂肪燃焼の効果もあり、ダイエットにも向いていると言えそうです。