こちらのウェブサイトでは、健康的な食事についての情報をお知らせします。「健康的な食事」とは、栄養のバランスのとれた食事のこと。では、どのようなバランスが理想的なのでしょうか。

5つの食品グループ

日本政府が策定した食事バランスガイドによれば、食事は「主食」「副菜」「主菜」「牛乳・乳製品」「果物」の5つのグループに分けられRelated imageます。主食は米やパン、麺類などの炭水化物、副菜は野菜、きのこ、芋類など。主菜は肉、魚、卵などのたんぱく質のことです。

この5つの割合としては、主食が5~7単位、副菜が5~6単位、主菜が3~5単位、牛乳・乳製品が2単位、果物が2単位が基本となります。

健康食品について

世の中にはさまざまな健康食品があります。手軽に栄養をとれるサプリメントや、ウィダーインゼリーやカロリーメートのようなスナック感覚のものなど、便利な食品が多くありますが、できるだけ上記のような穀物、果物、野菜、肉、魚、乳製品などの食べ物から摂取するのが望ましいと言えます。

サプリメントは不足する栄養を補うのには便利ですが、頼りすぎるのは危険です。逆に栄養バランスが偏ってしまったり、分解するのに肝臓のはたらきが必要なので、摂取しすぎると肝臓に負担がかかってしまいます。

食事を楽しみながら、しっかり栄養をとるような食生活を心がけましょう。